沖縄でレーシックを受けるなら眼科医療サービスのプロフェッショナルの南城眼科へ!

 
english

南城眼科

  • Tel 0120-049-315 休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 問診票はこちら

HOME | ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」
みーぱちパーチ!トップへ戻る

宮城姉妹さん

ゲストプロフィール

「自分の好きな道は、とにかく自分の力で頑張れ」

 今週のにんげん知りシリーは、先週に引き続き琉球サンバユニット宮城姉妹。

 楽曲が前日にしか決まらないこともあって、10曲のステージを打ち合わせなしでこなす宮城姉妹。姉妹だからなのか呼吸でわかるので逆に(振り付けなど)決めない方がまとまるらしい。血の繋がった姉妹だからこそできる技なのでしょうね!

 Kayokoさんは元々、サンバ教室に入り、そこでサンバを踊っていたそうですが、先生が辞めてしまって残された生徒さんと自己流で踊っていたそう。
 その時「沖縄でサンバを広げられないか」と思い妹を誘い「アンダギーニャ」というサンバユニットを8年前に結成。結成当初はダンスのみのユニットだったそうです。

 さらにKayokoさんYayoiさんは元々FC琉球のチアダンスチーム「琉球ボンバーズ」に所属していましたがKayokoさんはウエストが絞れきれずに、幽霊部員として出してもらえなかったそうです。そんなKayokoさん、幽霊部員にもかかわらず、カッコいいブラジル人選手に声を掛け、球団から注意されたそうで。恋愛禁止が理由なのか、ウエスト絞れてないクセに声掛けやがってという理由だったのか、果たして真相は?(笑)

 そんなお二人、一度GWを利用して10日間ブラジルへサンバの練習に行き、一切観光をせず1日10時間サンバの練習をしていたとか。
 その後、ブラジルのサンバカーニバルコンテストに出場する機会にも恵まれ、コンテスト2回目のときサンパウロのチームで出場し、3位入賞!
 本場ブラジルのサンバを学んだ宮城姉妹、今後の活躍に目が離せません!

◎みーぱち語録
Yayoiさん 「自分の好きな道は、とにかく自分の力で頑張れ」(他界した父親の言葉)
Kayokoさん 「何とかなる」

〒901-0615 沖縄県南城市玉城堀川695
TEL:0120-049-315
休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日

Copyright © NANJOGANKA. All Rights Reserved.