沖縄でレーシックを受けるなら眼科医療サービスのプロフェッショナルの南城眼科へ!

 
english

南城眼科

  • Tel 0120-049-315 休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 問診票はこちら

HOME | ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」
みーぱちパーチ!トップへ戻る

ピンクトップ

ゲストプロフィール

本部町の八重岳で日本一早く咲く桜をモチーフにしたピンクのタンクトップを着て、本部町から元気を発信していくことを信念に活動している本部町応援団

「優勝できなかったら、乳首を取れ」

今回のゲストは、本部町応援団「ピンクトップ」メンバーの、メンタル岸本さん、
 スマイル山川さんが登場しました。
 
  ピンクトップとは、「本部町の八重岳で日本一早く咲く桜をモチーフにした
 ピンクのタンクトップを着て、本部町から元気を発信していく」ことを信念に
 活動しているのだそうそう。
  そのメンバーはなんと合計19名。それだけの人数でピンクのタンクトップを
 着て本部町を歩くと、かなりの活性化……いや、かなり怪しい集団です。
 
 
  そんなピンクトッブ、実は今年の沖縄国際映画祭の、地元をテーマにCMを作る  
 『JIMOTO CM COMPETITION』というコンテストで、41市町村中、
 見事優勝を飾ったそうです。うーん、あなどれない。

  そんなピンクトップの誕生のきっかけは、みーぱちパーチの放送作家の
 キャンヒロユキさん。キャンさんと、メンタル岸本さんが初めて出会った日、
 キャンさんの気まぐれと思いつきで、その日おみやげに持っていったピンク色の
 タンクトップを岸本さんにあげたのがきっかけだそう。

  それから1ヶ月後、岸本さんは「ピンクトップ」という集団を立ち上げ、
 さらに、タンクトップには同級生であるデザイナーの城間さんがデザインした
 桜のマークをあしらい、活動を広げていったとのこと。
 
  これからも本部町を多いに盛り上げてくれそうな本部町応援団ピンクトップ。
 みなさんもピンクトップを着て、参加してみては?

◎ みーぱち語録
メンタル岸本 番組作家キャンヒロユキさんからの一言
「優勝できなかったら、乳首を取れ」
スマイル山川 先輩からの一言
「人生は、酒が飲める量は決まってるんだぞ」

〒901-0615 沖縄県南城市玉城堀川695
TEL:0120-049-315
休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日

Copyright © NANJOGANKA. All Rights Reserved.