沖縄でレーシックを受けるなら眼科医療サービスのプロフェッショナルの南城眼科へ!

 
english

南城眼科

  • Tel 0120-049-315 休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 問診票はこちら

HOME | ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」

ラジオ「みーぱちパーチ!」
みーぱちパーチ!トップへ戻る

田嶋はるさん

ゲストプロフィール

reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE所属/WPMF女子世界ミニフライ級王者

「今ならまだできる。全力でサポートするから。」

今週のみーぱちぱーちは先週に引き続き、格闘家の砂辺光久選手とキックボクサーの田嶋はる選手がゲストです。ということで今回は世界チャンピオンの田嶋はるさん選手を人間知りシリーしちゃいました!
 まずはオープニングで力試し。ということで川田さんがミットを持ち、田嶋選手のキックを受けることに。「若手の頃、よくやったよ〜、こういうの」と言いながら身構える川田さんに田嶋選手の渾身のキック!スタジオに響くバズーンという大きな音。と同時に目を丸くする川田さん。さすがは世界チャンピオンです。
 その田嶋選手、ちいさいころは引っ込み思案で、インドアな子どもだったそう。ですが、なぜか空手に興味を持ち、高校入学と同時に空手部入学、のつもりでしたが、父親が大反対!ということで泣く泣くバスケ部へ。
 もともと格闘技が好きだった田嶋選手はあきらめられずに、体育大学入学と同時に少林寺拳法部に入学。その年の夏休みに「ダイエットにいいらしいよ!」という友達に誘われて、キックボクシングを初体験。「それからもうキックボクシングにはまっちゃいました」と田嶋選手。
 アマとして10試合ほど経験したあと、「もっと高いところをめざしたい」という思いから、プロキックボクサーに。ただ、精神的に辛いこともあり、しばらくして引退。心機一転、新しい環境に身を置こうと思い、沖縄へ。
 沖縄でも健康のためにキックを続けたい、とジムを探していると、そこで以前スポンサーブランドについてもらっていた格闘技ブランドの撮影で出会った砂辺選手が指導するジムを見つけ、通うことに。プロでやるつもりはなかったんですが、砂辺選手のかけてくれたある一言がきっかけで、再びプロに。それから1年後に見事ムエタイの世界チャンピオンに輝きました。これからの活動はまだ未定とのことですが、これからもキックボクシングの普及のためにがんばってほしいですね。
◎みーぱち語録
再会した砂辺選手のかけた言葉
  「心残りがあるならもう一度プロでやったほうがいい。今ならまだできる。
   我々も全力でサポートするから」

〒901-0615 沖縄県南城市玉城堀川695
TEL:0120-049-315
休診日:木曜日午後/土曜日午後/日曜日/祝日

Copyright © NANJOGANKA. All Rights Reserved.